個展「部分は部分」A part is parts.

2014年3月17日〜29日までの日程で日本橋兜町のギャラリー SPC Gallery にて個展を開催いたします。

今回は「部分は部分」A part is parts.を展覧会のタイトルにしました。年度末のお忙しい時期かと思いますが、ご高覧いただければ幸いです。

以下、今回の展覧会の為に書いた文章です。

この一連の作品は、私が道端に咲いている花などを撮影した写真をもとにして作成しています。

ご存知のように写真には、その場所に存在したある瞬間からある瞬間までの光が記録されています。なので写真はこの世界の一部分を切り取ったものとも言えます。

私はそれをパソコンのなかでさらに切り取ったり、回転させたり、つなげたりして下絵をつくり、最終的にキャンバスにアクリル絵の具で描きます。

下絵づくりは、写真の中から面白い形、組み合わせを探す作業です。写真の中にはあらゆる形の可能性が含まれていて、私はそれを見つけては試すことを繰り返します。

そうして出来上がった作品は元の写真からかけ離れたものになっていますが、すべては元々そこに内包されていたものです。

「大事なことは目に見えない」などとよく言いわれることですが、本当はあるのに見えていない、もしくは見ようとしていないだけなのではないか、と思います。